生田流筝曲 正絃社さわらび会
トップページ 教室のご案内 指導講師プロフィール さわらび会の筝曲 活動紹介 お問合わせ
指導講師プロフィール
会長 藤井清美
生田流箏曲正絃社さわらび会会長 藤井清美
岡山県生まれ。幼少より生田流筆曲家の鎌田伸子氏に手ほどきを受ける。
1969年名古屋在任中に波多野好美氏に師事、後に野村正隆(正絃社 初代家元)・野村祐子各氏に師事。1976年、我孫子市に移り住む。同年、我孫子正絃社・さわらび会発足。以来、門下生の育成に努め、日本伝統音楽の普及に努める。
1987年より我孫子市民会館大ホールにて定期演奏会開催、その他定期的に近隣センターホール棟で勉強会を開催。
1999年より、市内小学校にて学校授業筆クラブ指導、鑑賞会等を行い、子供たちが筆の音色の美しさを心に残してほしいと願う。
現在、我孫子市三曲協会会員・生田流正絃社大師範
副会長 樹本佳音里
生田流箏曲正絃社さわらび会副会長 樹本佳音里

本名 海老原邦江。
幼少より母、藤井清美に筝の手ほどきを受ける。12歳より野村正峰、野村祐子各氏に師事。15歳より金津千恵子氏に師事。1989年東京芸術大学音楽学部邦楽科卒業。1991年NHK邦楽技能者育成会37期卒業。NHK邦楽オーディション合格。1996年賢順記念全国箏曲コンクールにおいて首位(賢順賞)受賞。1999〜2010年の間ドルチェ邦楽合奏団首席ソリストをつとめる。
現在、地元を中心とした演奏活動や、学校公演など邦楽の普及に努めている。
生田流正絃社大師範、森の会会員、我孫子市三曲協会会員。

樹本佳音里リサイタル(YouTube)